オゾン放出時にはチューブを必ず使わないといけませんか?

オゾン放出時にはチューブを必ず使わないといけませんか?

使わなくても問題はありませんが、オゾン放出口はオゾン濃度が高くなります。
そのため、チューブを使い、オゾンが放出される場所を本体から離したほうが製品寿命が延びます。
また、チューブを使用することにより、集中的なオゾン消臭・除菌を行うこともできます。

集中してオゾン消臭・除菌作業を行えるメリット
※画像内の製品は、「オースリークリア2」の先代モデルである「オースリークリア」です。