オースリークリア2の口コミ・評判と特徴まとめ

オースリークリア2の口コミ・評判と特徴まとめ

オースリークリア2は、累計納品実績1万台を超える業界ベストセラーの業務用オゾン発生器です。

オースリークリア2を導入している主な業種と利用シーンは次のとおりです。

「ホテルや旅館等の宿泊施設業」
→客室やトイレ、バスルーム等の脱臭・除菌作業

「自動車関連業」
→車内(エアコン含む)の脱臭・除菌作業

「不動産業」
→部屋、キッチン、トイレ、バスルーム、排水口等の脱臭・除菌作業

このページでは、オースリークリア2の特徴や口コミ、メリットだけではなく、デメリットについてもご紹介します。

本機をご購入前に、是非一度ご確認いただければと思います。

オースリークリア2のスペックと特徴

オースリークリア2のスペックと特徴

オースリークリア2のスペックと特徴

オースリークリア2のスペックと特徴をまとめました。

オースリークリア2のスペック

オースリークリア2は、オゾン水も生成できる2in1の万能オゾン発生器です。オゾン発生量が300mg/hr、風量が3.5L/minあることから、40㎡程度までの空間までなら十分に消臭効果を発揮してくれます。

製品寿命が3,000時間となっているのは、オゾンを発生させる「放電管」のパーツ交換推奨時期が「2年」とされており、1日6時間、週5日稼働させるとちょうど2年程度という計算になるからです。その間はメンテナンスフリーで使える製品です。

製品名オースリークリア2
オゾン発生量300mg/hr
風量8.0L/min
適応範囲〜40㎡
使用環境無人環境
消臭対象強いニオイ
運転仕様運転と待機を繰り返すサイクル運転
オゾン水生成可能(〜1ppm)
外形寸法幅160mm×高さ220mm×奥行き70mm
重量1.3kg
電源AC100V(50Hz/60Hz)・DC12V
※ACアダプタ・シガーソケット使用
消費電力10W
製品寿命約2年(毎日使用)

オースリークリア2の5つの特徴

オースリークリア2の特徴をご紹介します。
オースリークリア2公式サイトにある情報+私が調査したことを、分かりやすい表現でお伝えし、なおかつその理由についてもまとめてみました。

【1.本格的なオゾン消臭が手頃な価格で購入できる】
これは、オースリークリア2が業界ベストセラーとなっている大きな要因かもしれません。オースリークリア2は自動車の車内など比較的狭い空間であれば、「急速脱臭」が可能な本格的なオゾン発生器ですが、販売価格は5万円以下という超低価格で販売されています。(2018.05現在)


【2.オゾン水が生成できる】
オースリークリア2も、オゾンクラスター1400と同様、1ppm程度までのオゾン水を誰でも簡単に作れます。

やり方もシンプルです。チューブの先端に付属の専用ブロアストーンを付けて水の中に着水させ、オゾンを放出するだけです。

オゾン水は医療機関などでも器具の滅菌に使われるほど安全で殺菌力が高いので何かと重宝します。「安全」の理由は、時間が経過するとただの水に戻るからです。

安全の裏付けとしては、「医療器具の滅菌消毒に使用されていること」と、「オゾンが食品添加物として認可されていること」です。オゾン水の濃度は21分毎に半減します。


【3.販売価格を考慮すれば十分すぎる製品寿命】
オースリークリア2の放電管は2年程度で消耗して性能が低下してきます。

ある日突然急激に性能が低下するわけではありませんので、その後も問題なく使用はできます。ただ、メーカー側はこの時期を「製品寿命」とし、放電管の交換を推奨しています。

なお、放電管を新品に交換すれば購入時と同じ性能に完全復活します。


【4.コンパクト+軽量なので作業者の負担がほぼない】
オースリークリア2の外形寸法は、「幅160mm×高さ220mm×奥行き70mm」であり、重量は1.3kgです。

このサイズと重量は同程度のスペックの他社製品と比較しても圧倒的にコンパクトで軽量です。そのため、持ち運びや置き場所(作業中及び保管中)に困ることはありません。


【5.とにかく納品実績がハンパではない】
オースリークリア2は、「業界ベストセラー」とされるだけあり、累計納品台数はなんと1万台を突破しているようです。

1万台は、本当に恐ろしい数字ですね…おそらく、もっとも売れているオゾン発生器であるといっても過言ではありません。

それだけの実績がある製品なので、適応範囲や次項で説明するデメリットなどを事前によく確認してから購入すれば後悔することはまずないでしょう。

オースリークリア2の利用シーン

オースリークリア2は、オゾン発生量300mg/hr・風量3.5L/minという本格的なオゾン発生器です。

適応範囲は、〜40㎡となっており、専用チューブが付属することからさまざまなシーンで活躍してくれます。

まずは、なんといっても車の消臭です。

車の消臭を得意とするオースリークリア2

車の消臭を得意とするオースリークリア2

専用チューブが付属しますので、そのチューブを車内に入れ、オゾンを放出し、充満させます。

その際、さらに消臭効果を高めるために、チューブを差し込んで少し隙間ができた窓枠周辺にテープなどを貼り、できる限り密閉率を高めましょう。何故なら、窓を開けたままだと放出したオゾンが外に漏れてしまい消臭効率が低下するからです。

作業用の剥がしやすいテープがおすすめ

作業用の剥がしやすいテープがおすすめ

密閉率を高めるとさらに消臭効果が高まります

密閉率を高めるとさらに消臭効果が高まります

車内や車内のシートなどに染み付いた頑固な悪臭もオゾンなら消臭できます。

タバコ臭やペットによる獣臭、食べ物のニオイ(ファーストフードのニオイなど)が驚くほど消臭されるだけではなく、オゾンで化学的な分解作用を利用して消臭するため、ニオイ戻りがないという利点が自動車関連業の人たちに人気のようです。

マットなどは一度まとめて外に出して、大きめの袋や布団圧縮袋などに入れ、密閉率を高めて集中的にオゾン消臭することで作業を効率化できます。

布団圧縮袋などを利用して集中的にオゾン消臭

布団圧縮袋などを利用して集中的にオゾン消臭

次に、部屋の消臭です。

オースリークリア2の適応範囲は、〜40㎡です。

そのため、そこまで大きくない部屋であれば、トイレやバスルームごと消臭できます。

客室がそこまで大きくないビジネスホテルなどにはもってこいのオゾン発生器だといえます。

オースリークリア2の適応範囲は〜40㎡

オースリークリア2の適応範囲は〜40㎡

ニオイがこもりがちなユニットバス周りにも効果的

ニオイがこもりがちなユニットバス周りにも効果的

オースリークリア2の利用シーンは、車や部屋の消臭だけではありません。

オースリークリア2は、オゾン水も簡単に作れる2in1の万能オゾン発生器です。

そのため、野菜の農薬除去や、洗濯にオゾン水を使用している人もいるようです。

オゾン水で野菜の農薬除去

オゾン水で野菜の農薬除去

洗濯にも効果的なオゾン水

洗濯にも効果的なオゾン水

野菜の農薬除去は、すぐに想像できましたが、洗濯と聞いて、「なるほど!」と思いました。何故なら、オゾンを利用するクリーニング業者は少なくないからです。

オゾン水で洗濯する場合、1回目の洗濯をオゾン水にするだけで洗いあがりが全然違うんだとか。個人的に是非試してみたいと思います。

このように、オースリークリア2の利用シーンは多岐にわたります。本格的なオゾン消臭が手軽に行えることに加え、オゾン水も生成できるのが人気の秘密なのかもしれません。

オースリークリア2のデメリットと妥協点

私が知るかぎり、100%完璧な業務用オゾン発生器はありません。それは私が購入したオゾンクラスター1400にも、このオースリークリア2にも同じことが言えます。

購入を検討している製品のデメリットを知ることは非常に重要です。何故なら、購入前にそのデメリットが妥協できる内容なのかどうかの判断が可能になるからです。

累計納品台数1万台のベストセラーオゾン発生器とはいえ、人によってはデメリットと感じるであろう部分を見つけましたので、ご紹介します。

私が感じたオースリークリア2のデメリットは以下3点です。

それは、

  1. 放電管が2年程度でヘタる
  2. オフタイマー機能がない
  3. 連続運転機能がない

です。

放電管が2年程度でヘタる

オゾン発生器には、オゾンを発生させる「放電管(板)」という部品があります。

オゾン発生器を利用すればするほど時間経過とともに、この放電管という部品が、ヘタってくるのが一般的です。普通のオゾン発生器はこれが当たり前なので、驚くことではありません。(オゾンクラスター1400の「6年間完全メンテナンスフリー」というのが特別なのです)

オースリークリア2の放電管の交換は16,200円。交換して放電管が新品になれば購入時と同じ性能に復活します。この品質のオゾン発生器が2年も使えてこの価格であれば十分すぎるコスパです。

とはいえ、この機種の口コミや評判をみると、毎日使用しなければ平気で3〜4年使っている方も多くいました。

オフタイマー機能がない

オフタイマーとは、指定した時間で電源が自動で切れるようにする設定のことですが、オースリークリア2にはこの機能がありません。とはいえ、累計納品台数1万台ということを考慮すると、利用者の多くがオフタイマー機能の必要性をあまり感じていないようです。

「オフタイマー機能」と聞くと、「あっ、なんか、いいな」と思ったりもしますが、実際にうちの場合も、現場でその必要性を感じたことは一度もありません(苦笑)

ホテルや旅館等の客室消臭、車の車内消臭などではまず必要ない機能だと思います。

オースリークリア2に「オフタイマー機能」はありませんが、オフタイマー機能的に1ショット感覚で使う方法はあります。

それは、「待機時間」を最大である「360分間(6時間)」に設定することです。

そうすることで、設定したオゾン放出時間の後、360分間は本機が停止状態なので、その時間内に本機の電源を手動でOFFにすれば実質的に「オフタイマー機能」のような動きになります。

しかし、「うちの場合は、もっと柔軟なオフタイマー機能が必要なんだ!」という方は、オフタイマー機能が付いている別の製品を探すことをおすすめします。

連続運転機能がない

最後に、「連続運転機能がない」という点について。この場合の連続運転とは、たとえば、「オゾン放出だけを継続して◯◯分だけ行う」というような使い方ができません。オースリークリア2の運転仕様は常に「タイマーサイクル運転」で行われます。

そのため、一度電源を入れたら設定したオゾン放出時間と待機時間を繰り返すだけの運転方法でのみ稼働します。

オースリークリア2の場合、連続運転はあまりニーズがある使い方とは思いませんが、もしかしたら人によっては「連続運転はあって当然」と思われている方もいるかもしれませんので言及することにしました。

オースリークリア2は、タイマー設定時に最大40分間のオゾン放出時間を設定できます。

ということは、オゾン放出時間を最大の40分間に設定し、運転を停止したいところで手動で電源OFFにすれば、実質的に「連続運転」機能と何ら変わりません。

つまり、40分間以内のオゾン放出であれば、このやり方で連続運転と同様の動きが可能ということです。

40分間以上のオゾン放出が必要な現場など、そうそうあるものではありません。(その必要性がある場合、オースリークリア2より上位機種の購入をおすすめします)

ただし、特殊清掃などでは、40分間以上の連続したオゾン放出・散布を行うケースもあります。特殊清掃は過酷な現場も多く、普通レベルの消臭・除菌では済まないケースが少なくありません。特殊清掃業者様には、オゾンクラスター1400の方を強くおすすめいたします。

このように、上記3点がオースリークリア2の(場合によっては)デメリットになり得るポイントだと思いました。このデメリットともいえる点について問題なく妥協できる人は、この機種を購入して絶対に後悔することはないでしょう。

(返金保証・1年間の無償修理保証付き)
オースリークリア2 公式サイト

オースリークリア2を導入するメリットとこの製品の魅力

オースリークリア2を導入したときのメリットと、この製品の魅力について簡単にまとめました。

  • 40㎡までなら誰でも簡単に高いレベルでの消臭作業が可能になる
  • 同程度の競合製品と比較して圧倒的に安い
  • 納入実績累計1万台という実績と信頼がある
  • 1年間の無償修理保証が付いているので安心
  • 30日間の返金保証付き
  • 軽量なので持ち運びに不便さを感じることがない
  • チューブが付属しているので、ピンポイント消臭作業が可能
  • オゾン水生成ができる

上記の中でも、私が大きいと感じたポイントは、「納入実績累計1万台」「1年間の無償修理保証」「30日間の返金保証付き」の3点です。

無償修理保証1年間というのは、分かりますが、「30日間の返金保証」はこの業界で見かけたのは、オースリークリア2が初めてです。

「30日間の返金保証」がどういう内容かというと、「実際に使ってみて効果がないと感じたら返品返金に対応します」というものだそうです。

よほどの自信がなければできない保証だと思います。返金保証できるということは、返金保証を申し出る人が少ないということであり、それはつまりオースリークリア2が良い製品の証拠です。(返金保証を希望する人が多ければ、こんな保証は続けられないはずです)

30日間の返金保証サービスは、この機種の購入を検討している方が安心して購入することができるとても良い保証だと感じました。

また、オースリークリア2の製品寿命は「毎日使用して約2年間」となっております。

毎日使用しなければ平気で3〜4年程度使えるみたいですが、仮に毎日使用して2年程度で放電管の消耗によって性能が低下→製品寿命を迎えたとしても、1年間約25,000円程度(月額換算2,080円程度)でこのクラスの業務用オゾン発生器を使えることは大きなメリットです。

使っている間、何かあれば適切なサポートが受けられるので安心です。

(返金保証・1年間の無償修理保証付き)
オースリークリア2 公式サイト

オースリークリア2の良い口コミと評判

数あるオースリークリア2の口コミ・評判の中でもこの機種を購入検討している人の参考になると思ったものをいくつかご紹介します。まずはオースリークリア2の良い口コミから。

中古車業界で自動車の内装の修理やルームクリーニング車内消臭の仕事をしている者です。

タバコ臭や加齢臭やペットの体臭、ペットの尿や糞、芳香剤など、様々なニオイの除去依頼のケースがあります。

有機物系の臭いについては消臭効果抜群ですし、オゾン自体が気体なので自動車の車内でクリーニング出来ない部分にもヒーター循環させる事で車内空間全体の除菌消臭が可能になります。

ランニングコストもかからず定期的にメンテナンスも必要なく非常に気に入ってます。

たとえば、座席シートを高温スチーム洗浄しようとすれば、すべての座席シートを外して、車外でその作業を行う必要がありますが、オゾンは気体なのでその必要もありません。中古車業界の方にとって、オゾンという気体の利便性はとても高いようです。

リフォーム業のクリーニングで利用しています。

弊社は、内装リフォーム業を中心にさまざまな事業を行っております。ゴミの多い部屋、動物などの臭いの強い部屋、長年のお住まいによる強い生活臭の残る部屋、タバコ臭の強い部屋、などなど。

基本的にリフォームを行うことで、部屋の臭いは大方除去できるものですが、どうしても残る臭いをオゾンで除去しています。

また、作業前にオースリークリア2を使用することで、作業員が快適に作業を行えるようにもなりました。このように、二刀流で使用することで、さらに快適に過ごせるお部屋を提供出来るようになっています。

これは裏を返せば、「リフォームしても除去できないニオイ問題もオゾンで消臭できる」ということになると思います。オゾンはまさにニオイ問題の行き着く先だと痛感します。

ホテルを経営しております。

オゾンやオゾン水について学ぶ機会があり、その効能についてはよく知っていました。主な使用用途としては、料理に使用する食材(野菜や魚など)の水洗い、白米を洗うときや炊くときに使う水、それから、厨房や調理場などの清掃でも使っています。

実際に使用した感想として、野菜を洗ってから使用するまでの鮮度維持が良くなり、魚の臭味が軽減され、白米の出来上がりが綺麗(白さが際立つ)になり、保温した際でも変色が少なくなりました。

我々のようなホテル業、レストラン運営をしている企業では安心安全、衛生管理は徹底追及していかなければならない必須事項です。オースリークリア2を有効活用し、お客様に安心してご利用いただけるホテルを目指しております。オースリークリア2を購入して本当に良かったと思っております。

これは、オースリークリア2のオゾン水生成機能を利用しての口コミのようです。オゾン水で野菜や果物の鮮度維持する話は、いろんなところで耳にします。

たとえば、「ホタテ貝の粉末にしたものでニンジンを除菌していたが、その方法だとニンジンが黒ずんでしまう。オゾン水だと鮮やかな色を保ち鮮度が維持される」や、「オゾン水で萎れたレタスを洗浄したらシャキッと元気になった!」などです。オースリークリア2のオゾン水生成機能は、たくさんの人たちに利用されているようです。

一度で部屋の匂いが消えました。

オゾンは匂いの元を分解するだけでなく、ウィルスや細菌にも効果があると知り、オゾン発生器が欲しいと思いましたが、知人に紹介された会社の製品は20万円程もするので手が出ないまま二年が経っていました。そして、理想は5万円以内と思っていたところ、オースリークリア2を見つけました。

小型なので移動が簡単で、オゾン濃度は十分です。買って満足しています。

「予算以上の手が出ないオゾン発生器」に対して、5万円で買えることができたオースリークリア2を実際に使用してその効果に満足されているようです。当たり前のことですが、どれだけすぐれたオゾン発生器でも、購入しなければその効果を発揮することは絶対にありません。購入を迷われている方は、「返金保証」もありますし、購入して実際にオゾン消臭の効果を試してみてはいかがでしょうか。

オースリークリア2は、当ホテルの開業時に導入しました。

ホテル客室内の強い臭いを、どのような方法で消臭するのが一番効果的かをインターネットで調べた結果、オゾン発生器が最も効果的であることが分かりました。

当ホテルは、様々な国からいらっしゃるお客様にご利用頂いております。中には、キムチなどの強い臭いがする食べ物を室内で召し上がるお客様もいらっしゃいますし、室内で強い香りがする香水を使われるお客様もいらっしゃいます。

そのようなニオイ問題をオースリークリア2で解決しており、その効果や使い勝手には大変満足しています。新しくオープンするホテルでも、オースリークリア2を利用させて頂き、客室や共有スペースの脱臭を行わせて頂く予定です。

ホテルや旅館などの宿泊施設業の口コミでは、「お客様がチェックインされたあと、客室内で薬のニオイがすることに困っていたが、オースリークリア2で消臭できた!」という内容も見かけました。どうやら、主に宿泊者が滞在中使用した塗り薬などが原因の薬品臭みたいです。

宿泊施設業が抱えるニオイ問題というのは、私たち一般の人間が想像する以上の種類があるのかもしれませんが、そんなときもオースリークリア2のようなオゾン発生器があれば心強いですね。

(返金保証・1年間の無償修理保証付き)
オースリークリア2 公式サイト

オースリークリア2の悪い口コミと評判

どんなに良い製品であっても、そのすべての口コミが良い内容のみというケースは少ないでしょう。たとえば、良い口コミが100件に対し、悪い口コミが0件だったら、私なら不自然に感じます。何故なら、その製品が良いものであっても、中には、事前に説明されていることを理解せずに購入した人もいますし、誤った使い方によってその効果を実感できない場合もあるからです。(どの業界でも、いろんな「お客様」がいるものです…)

私は口コミを参考にするとき、悪い口コミをよく参考にしています。

何故なら、悪い口コミの内容を見て、「その範囲なら仕方がない」と自分の中で妥協できる内容であれば、自分にとってその商品は悪い商品ではないからです。

オースリークリア2は評判が良く、ほとんどの口コミが☆5または☆4でしたが、楽天で2件だけ☆3と☆4の評価があり、その内容が参考になるものだったのでご紹介します。

取扱説明書についてですが、書いてあることに沿って実際に動かしてみると、使い方は分かるのですが、読んだだけでは分かりにくいところもあり、もう少し詳しさがあると不安無く取り組めるかな、と思いました。

こちらの方は、オースリークリア2の効果自体にはとても満足しているようですが、取扱い説明書が少し分かりづらいことが原因で、それを不満に感じたようです。☆3を付けています。

あまり家電に詳しくない人にとっては、慣れるまで少し戸惑うこともあるかもしれません。説明書を読んでももし分からないことがあれば、メーカーに問い合わせをしましょう。

もう1件ご紹介します。

今回こちらの商品で、オゾン水に数分つけて洗浄できるので助かります。果物以外にも生でそのまま食べる野菜や大根の葉っぱなどオゾン水につけてから調理するようにしてみましたが、取扱説明書に詳しい使い方がほとんど書かれていないのでそれが不便です。もっと具体的な、参考になる使い方の説明が取扱説明書に書かれていればいいのになあと思います。

こちらの人は、オゾン水も生成できる利点に魅力を感じ、オースリークリア2を購入したようです。商品自体には満足しているようですが、やはり☆3を付けた方と同様に、「説明書が少し分かりづらい」という点がマイナスポイントになっているようです。

多くの人が、説明書を読んで理解できる内容にはなっているようですが、家電が苦手な人の中には、その説明書に不便さを感じている方もいるようです。

[2018.07.10追記]
説明書で十分理解できる範囲ですが、最悪、説明書をみても分からない方は、ネットで「オースリークリア2 使い方」などで検索すると、この製品は、たくさんの実績があるので、情報が得られます。もしくは、当ブログでも 業務用オゾン発生器「オースリークリア2」の正しい使い方 でその使い方をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

(返金保証・1年間の無償修理保証付き)
オースリークリア2 公式サイト

私が何故オースリークリア2ではなく、オゾンクラスター1400を選んだのか?

ここまでオースリークリア2の情報をまとめてみましたが、実際に私も「サブとして1台ほしいな」と感じ始めています。

製品のスペックや効果、膨大な実績、購入時の「返金保証」に「1年間の無償修理保証」と、知れば知るほど魅力的なオゾン発生器です。では、何故私がオースリークリア2ではなくオゾンクラスター1400を選んだのかという点について少し触れておきます。

私がオゾン発生器を購入した理由は、オゾン消臭が、清掃業務でニオイ問題の根本的な解決策になり得ると知ったからです。

そして、消臭現場の主な広さは60〜100㎡が主ですから、「適応範囲」という点は妥協するわけにはいきませんでした。

もう1点。

それは、消臭のスピードです。

こちらでも書きましたが、オゾンクラスター1400とオースリークリア2の消臭作業にかかる時間を比較すると、3倍もの差があります。オゾンクラスター1400で10分で終わる作業がオースリークリア2では30分かかり、オゾンクラスター1400で1時間かかる作業は、オースリークリア2では3時間かかる計算です。

年に数える程度の作業であれば、妥協できるかもしれませんが、2020年の東京オリンピックまで消臭や衛生のニーズは高まることはあっても減ることはないでしょう。実際にオゾン消臭のご依頼も増加傾向です。

そうなった場合、「この消臭時間の差が積み重なったら、膨大なコストになりそう」「消臭時間を1/3に短縮することは、仕事の効率性が高まるだろう」と考えたのです。

私のケースでいえば、今、実際にオゾンクラスター1400の方を導入し正解だったと思えます。

もともと、オースリークリア2という機種を知ったのは、私の知り合いが利用していたからであり、オゾンクラスター1400よりオースリークリア2の方を先に知りました。適応範囲と消臭スピードについて妥協できれば、私もオースリークリア2を購入していたと思います。

(返金保証・1年間の無償修理保証付き)
オースリークリア2 公式サイト

[追記] 結局、私もサブ機としてこの機種を購入しました。
オースリークリア2の口コミや評判を調べていたらつい購入してしまった件