オゾンのよくある質問

オゾン消臭に関する素朴な疑問をまとめてみました

オゾンの化学的な疑問や、オゾン発生器、製品固有の情報をQ&A形式でまとめました。

「オゾン発生器について」という箇所は、オゾンクラスター1400やオースリークリア2にかぎらず、一般的な「オゾン発生器」全般を指しています。

また、「オゾンクラスター1400について」や「オースリークリア2について」など、製品固有のQ&Aについては、私が実際に所有し、使用している中での回答となります。

オゾンやオゾン消臭・除菌について

「ペットを含む無人環境」とはどのような動物が含まれますか?

業務用オゾン発生器を使用しての消臭・除菌作業は、必ず「無人環境」で行います。通常、「無人」とは人がいないことを指しますが、あらゆるペットもこれに含みます。犬・猫はもちろん、鳥やうさぎ、フェレット、ハムスター、その他の小動物等を含みます。

とにかくオゾン放出中は、人だけではなく、あらゆるペットも必ず退避させて下さい。

(水槽内の熱帯魚について)
水槽の中に熱帯魚がいる状態で、オゾン散布をすることに問題はないそうです。
※直接水の中にオゾンを溶かし込まなければ関係ないとのことです。

部屋の消臭をするとき、本体は部屋の中に設置して運転するのでしょうか?

部屋の中にオゾン発生器を設置
はい、部屋の消臭・除菌作業を行う際、オゾン発生器本体は部屋の中に設置して運転を行います。

もちろん、可能であれば、本体は部屋の外(たとえば、ドアの前など)に置き、チューブだけをドアの隙間から部屋の中に入れて作業をしても問題ありませんが、その場合、ドアの隙間からオゾンが漏れると作業効率が低下しますので、ドアの隙間には剥がしやすい養生テープなどを貼り、密閉率を高めて下さい。

部屋の外に設置できればなおよし

とはいえ、部屋の消臭・除菌作業は車の車内消臭のように狭くないので、本体を部屋の中に設置して利用されている方がほとんどです。(養生テープで密閉率を高めたりすることも手間なので)

車の車内のように、その空間がきわめて狭い場合、分解しきれていないオゾンが残りやすいですが、部屋の場合、適切な待機時間を設ければ、そこまでオゾンが残りません。

ですから、消臭・除菌作業が終わり、部屋の中に入っても本機の電源をOFFにし、すぐに窓を全開、バスルーム・部屋内の換気を回せば残ったオゾンは速やかに分解し、酸素に戻り完全無害化するため、問題がないケースがほとんどです。(実際にうちや、同業の専門業者の人たちもそのような使い方をしています)

オゾンは食品に使用しても大丈夫ですか?

現在の日本ではまだ次亜塩素による殺菌が多く、次亜塩素が高い濃度で食品などに使用されているのが現実です。しかし、次亜塩素は食品へ浸透するために味を変えてしまい、塩素臭が残る場合があるというデメリットがあります。

一方、オゾンは食品加工過程で濃くしても浸透性が無く表面処理であり、また残留性が無いので食品の加工中に使用しても問題ありません。またオゾンは食品添加物にも認定されています。

オゾンを吸ってしまいましたが大丈夫でしょうか?

一般的に、オゾン消臭作業中(開始時や完了時等)に、オゾンを少し吸ってしまっても問題はありません。

もちろん、できるかぎり吸わないに越したことはありませんが、たとえば、消臭作業完了時にオゾン発生器の操作や回収をするため、部屋に入ったときオゾンを少し吸ってしまう程度のことは問題ありません。

また、オゾンには、特有のオゾン臭があります。そのため、一酸化炭素のように気づかずに吸引し続けるということがありません。

詳しくは、「オゾンは危険? 危険性と人体への影響を正しく理解しよう

オゾンでエアコンの嫌なニオイは消臭できますか?

できます。

部屋のエアコンだけではなく、カーエアコンの消臭・除菌にもオゾンは効果的です。

オゾン消臭の際、同時にエアコンを運転させることで、エアコン内部の除菌もできます。このときの除菌とは主に「カビ菌」の退治です。

カビ臭だけにかぎらず、悪臭のほとんどは菌が原因です。エアコンの嫌なニオイは、エアコン内部のカビ菌が主な原因ですから、そのカビ菌を退治することでカビ臭は大幅に軽減されます。

エアコン清掃のプロたちの間でも、オゾン発生器が使用されています。

オゾンに鮮度保持効果があるのは何故ですか?

オゾンが野菜、果物などから出る成熟ホルモン「エチレン」を分解し、成長を抑制する(遅らせる)ことで、鮮度保持効果が得られます。

オゾンに殺虫効果はありますか?

オゾンに殺虫効果はありません。
ただし、オゾンの消臭・除菌効果で悪臭がなくなれば害虫の誘引要素は軽減されます。また、ゴキブリに対しては、集合フェロモン(仲間を呼ぶニオイ)を分解することにより巣を作りづらい環境にします。

調理器具や食器はオゾンに触れても大丈夫ですか?

オゾンは反応後酸素に戻り、残留性がないため、問題がありません。
逆に、その「残留性がない」という安全性を活かし、衛生業界でオゾン除菌は重宝されています。

オゾン消臭する際、電化製品や観葉植物に影響はありますか?

オゾン消臭する際、電化製品や観葉植物に影響はありますか?
ありません。

そのような話は聞いたことがありませんし、もしそんなことがあれば清掃大手のダスキンやホテル業界大手のアパホテルやコンフォートホテルなどの客室消臭作業でオゾンが使われることはないでしょう。

私自身、オゾン消臭を実際に現場でやっていますが、電化製品や観葉植物に何かしらの影響があったと感じたことはありませんし、そのようなクレームを受けたことは1回もありません。

なぜオゾンで消臭・除菌ができるのですか?

オゾンの分解作用、不安定性を利用します。
詳しくは、「サルでも分かるオゾン消臭のメカニズム」をご覧下さい。

オゾンは危険と聞きました。考えられる人体への健康被害など教えて下さい

「オゾン臭をキツく感じる」ような環境下に長時間いなければ危険ではありません。消臭や除菌作業でオゾンは広く活用されています。オゾンの特性を理解したうえでオゾン消臭を是非活用して下さい。

詳しくは、「オゾンは危険? 危険性と人体への影響を正しく理解しよう」をご覧下さい。

オゾン発生器について

故障したようです。修理の流れを教えて下さい

オゾンマート社のオゾン発生器が故障したら、オゾンマートに連絡をして修理してもらいましょう。

こちらの記事内では、オースリークリア2を例にあげていますが、オゾンマート社のオゾン発生器はオースリークリア2にかぎらずこの流れになりますので参考にして下さい。

オースリークリア2が故障したらオゾンマートに修理してもらおう!

オゾン発生器、脱臭機、消臭機などは何が違うのですか?

すべて同じものです。
ただし、一部の消臭機(消臭器)と呼ばれる製品の中には、強い香気でマスキングするものがあります。
そういうもの以外は、基本的にオゾンによる化学分解消臭法を採用したオゾン発生器のことを指します。

オゾン放出時にはチューブを必ず使わないといけませんか?

オゾン放出時にはチューブを必ず使わないといけませんか?

使わなくても問題はありませんが、オゾン放出口はオゾン濃度が高くなります。
そのため、チューブを使い、オゾンが放出される場所を本体から離したほうが製品寿命が延びます。
また、チューブを使用することにより、集中的なオゾン消臭・除菌を行うこともできます。

集中してオゾン消臭・除菌作業を行えるメリット
※画像内の製品は、「オースリークリア2」の先代モデルである「オースリークリア」です。

今使っているオゾン発生器の風量が弱く困っています。何か良い方法はありますか?

苦肉の策とはなりますが、オゾン発生器のオゾン放出口近くに全方位型の扇風機を置くという手はあります。実際にそうした方法で使っている清掃業者を知っています。

全方位型で風量をプラスする

ただ、オゾン発生器のオゾン発生量と風量のバランス関係は結構重要です。バラバラにするとそのアンバランスさが思わぬところで非効率を招く結果になることもありますので、可能であれば、オゾンクラスター1400のようなオゾン発生量及び風量がすぐれた機種を購入することが長期的にはいいかもしれません。

主に車の消臭・除菌に使います。どのオゾン発生器が最適ですか?

オゾンクラスター1400でもオースリークリア2でも大丈夫です。

両機種の違いは、「【徹底比較】オゾンクラスター1400とオースリークリア2を比較してみた」で確認していただくとして、車の消臭・除菌作業で必要な最低スペックは下記のとおりです。

  • オゾン発生量:200mg/hr以上
  • オゾン水生成機能:必須ではないがあると重宝する
  • 運転仕様:サイクル運転が便利

車の消臭・除菌をするとき、天井やシート、マットなどをオゾン水で洗浄すると気体では処理しきれない部分も効率的に消臭・除菌できるので、オゾン水生成機能はあれば重宝します。

運転仕様についてですが、多くのオゾン発生器で採用されている「サイクル運転仕様」とは、オゾン放出時間と待機時間をあらかじめ設定すると、そのサイクルで運転し続ける仕様です。

たとえば、「オゾン放出時間20分間」「待機時間120分」と設定した場合、手動で電源を切るまでずっとそのサイクルで運転が繰り返されます。

悪臭の度合いに応じてこのサイクル運転を何セットか繰り返しましょう。といっても、運転開始前に各時間のセットさえしてしまえば、あとは放っておき、別の作業ができます。

「もうそろそろいいかな」というときに、手動で電源を切るだけです。この仕様が自動車関連業の方々には「非常に便利だ」と評判のようです。

オゾンクラスター1400とオースリークリア2のどちらを購入するか迷っています

両機種の適応範囲は次のとおりです。

製品名 適応範囲
オゾンクラスター1400 〜100㎡
オースリークリア2 〜40㎡

適応範囲以外で言えば、消臭スピードについてもオゾンクラスター1400はオースリークリア2の3倍程度速く消臭作業が完了します。

詳しくは、「【徹底比較】オゾンクラスター1400とオースリークリア2を比較してみた」をご覧下さい。

多くのオゾン発生器にオゾン水生成機能は付いていますか?

いいえ。
本来、オゾン発生器の役割はオゾンを生成し、空間に気体放出することです。通常は、「オゾン発生器」と「オゾン水生成器」は別々の機器になりますが、一部の多機能モデルだとオゾン水生成機能が付いている製品があります。

私が使用しているオゾンクラスター1400とオースリークリア2は、両機ともオゾン水生成機能が付いていますので、この製品に興味があれば下記のまとめ記事をお読み下さい。

オゾンクラスター1400の口コミや評判・特徴をまとめました
オースリークリア2の口コミや評判・特徴をまとめました

オゾン回収機能とは何ですか?

換気や採光、窓などがなかったり、あるいはそれが最低限しかない場合、消臭・除菌作業が完了した後、オゾンが分解するのに時間を要します。(一気に換気することができないため)

そのような環境下で利用されるのが「オゾン回収機能」です。

詳しくは、「オゾン回収機能付きのオゾン発生器を探している方へ」をご覧下さい。

オゾンクラスター1400について

連続運転中、液晶に何も表示されません。故障ですか?

いいえ、故障ではありません。

オゾンクラスター1400の連続運転にタイマー表示などは関係ないので表示されないだけです。
液晶が表示されるのは、タイマーサイクル運転時のみになります。
故障ではありませんので、ご安心下さい。

最大適応範囲はどのくらいですか?

オゾンクラスター1400の最大適応範囲は、100㎡です。
空間が狭ければ狭いほど速く消臭・除菌作業を行うことが可能です。

車の消臭をするとき、本体は車外に置いた方がいいですか?それとも車内に設置しても問題ありませんか?

オゾンクラスター1400車内設置
どちらでも問題ありませんが、可能であれば車外に設置して作業することをおすすめします。

理由は、車外に設置すれば、電源をOFFにするときオゾンを吸わずに済むからです。

オゾンクラスター1400車外設置

車内に設置して運転している場合、待機時間を設けても少なからず分解しきれていないオゾンが残っているため、電源をOFFにしたり、本体を車外に持ち出す際に、車内に残っているオゾンを少し吸ってしまいます。その程度の量はまったく問題はないのですが、せっかく専用のチューブも付いていることですし、車外に設置して使用すれば、作業者にとってもなお安全です。

ただし、その場合、電源供給はシガーソケットではなく、他のところから通常電源でとるようになろうかと思います。

※オゾンクラスター1400には、通常の電源コードとシガーソケット用電源が付属します。

オゾンクラスター1400の本体にある「酸素入力(O2 In)」とはいつ使うのですか?

酸素(O2In)
通常は使いません。

どのようなときに使うのかというと、「供給源を純粋な酸素だけにしてオゾン発生効率を高めたいとき」だけに使用します。

どのように使うのかというと酸素ボンベなどからチューブで酸素を送り込んで使用します。

酸素ボンベを使用しオゾン発生の効率を高める

何故、そうするとオゾン発生効率が高まるのかというと、オゾンは、酸素と酸素が結合した結果、生成されます。周囲の空気を原料としてオゾンを生成すると、オゾンの原料となる空気中の酸素量は20%程度ですので、生成されるオゾンは薄くなります。 そこで、原料になる気体を酸素だけにすることで、高濃度のオゾンを生成できるわけです。

酸素量によっても変わりますが、酸素ボンベなどを利用し、供給源を酸素のみにすることで、オゾンクラスター1400のオゾン発生量は、2000〜3300mg/hr 程度までパワーアップします。

オゾンクラスター1400の公式サイトに理論値ではなく、詳しい実測データが紹介されていますので参考にして下さい。

※型式によって「酸素入力」「O2 In」という異なる表記になっている場合があります。

オゾンクラスター1400でオゾン水を作るときはどうやって作るのですか?

オゾン水の作り方(オゾンクラスター1400)
本機の側面にある「オゾン出力(型式によっては『O3 Out』)」に、付属のフッ素樹脂チューブを差し込み、反対側の先端に付属の専用ブロアストーンを装着します。

ブロアストーンを水を入れたボウルなどの中に着水させ、オゾン放出(連続運転でOK)させると、水の中のブロアストーンがブクブクと泡立ちオゾン水が生成できます。

オゾンクラスター1400でオゾン水

オゾンクラスター1400を最安値で購入したいです

オゾンマートの製品は、どのサイト・ショップで購入しても価格は変わりません。
オゾンクラスター1400 公式サイト

オゾンクラスター1400にオフタイマー機能はありますか?

オゾンクラスター1400に、オフタイマー機能はありません。
ただし、ほぼオフタイマー機能のような使い方は可能です。詳しくは、こちらをご覧下さい。

オゾンクラスター1400でオゾン水を生成するとき何リットルまで対応しますか?

最大で10リットル程度です。

また、オゾンクラスター1400などのオゾン発生器でオゾン水を生成する場合、「バブリング」という方法によるもので、オゾン水濃度は1ppm程度が限界値となります。とはいえ、1ppmあれば大抵の菌やウイルスは殺菌できます。

水量が少なければ少ないほど速く1ppm程度の濃度に達し、上限値(1ppm程度)に達したら、その後何分オゾンを水中に放出してもそれ以上の濃度になることはありません。

オースリークリア2について

オースリークリア2を最安値で購入したいです

オゾンマートの製品は、どのサイト・ショップで購入しても価格は変わりません。
オースリークリア2を最安値で購入したいと思っている人に知ってほしいこと

最大適応範囲はどのくらいですか?

オースリークリア2の最大適応範囲は、40㎡です。
空間が狭ければ狭いほど速く消臭・除菌作業を行うことが可能です。
たとえば、80㎡の3LDKのお部屋を消臭・除菌する場合は、各部屋ごとに作業を行えば問題なく効果があります。

オースリークリア2でオゾン水を生成するとき何リットルまで対応しますか?

オゾンクラスター1400と同じく、最大で10リットル程度です。

また、オースリークリア2などのオゾン発生器でオゾン水を生成する場合、「バブリング」という方法によるもので、オゾン水濃度は1ppm程度が限界値となります。とはいえ、1ppmあれば大抵の菌やウイルスは殺菌できます。

水量が少なければ少ないほど速く1ppm程度の濃度に達し、上限値(1ppm程度)に達したら、その後何分オゾンを水中に放出してもそれ以上の濃度になることはありません。

オースリークリア2でオゾン水を作るときはどうやって作るのですか?

本機の側面にあるオゾン排出口に、付属のシリコンチューブを差し込み、反対側の先端に付属のエアレーションストーンを装着します。
オースリークリア2のオゾン排出口

オースリークリア2のオゾン排出口にチューブを差し込む 反対側の先端に付属のエアレーションストーンを装着

エアレーションストーンを、水を入れたボウルなどの中に着水させ、オゾン放出させると、水の中のエアレーションストーンがブクブクと泡立ちオゾン水が生成できます。

あとはオゾン放出をするだけ

作業中にオースリークリア2を倒して利用しても問題ありませんか?

はい、問題ありません。

車の消臭をするとき、本体は車外に置いた方がいいですか?それとも車内に設置しても問題ありませんか?

オースリークリア2車内設置
どちらでも問題ありませんが、可能であれば車外に設置して作業することをおすすめします。

理由は、車外に設置すれば、電源をOFFにするときオゾンを吸わずに済むからです。

オースリークリア2車外設置

車内に設置して運転している場合、待機時間を設けても少なからず分解しきれていないオゾンが残っているため、電源をOFFにしたり、本体を車外に持ち出す際に、車内に残っているオゾンを少し吸ってしまいます。その程度の量はまったく問題はないのですが、せっかく専用のチューブも付いていることですし、車外に設置して使用すれば、作業者にとってもなお安全です。

ただし、その場合、電源供給はシガーソケットではなく、他のところから通常電源でとるようになろうかと思います。

※オースリークリア2には、通常の電源コードとシガーソケット用電源が付属します。

液晶が英語表記なのですが、日本語に変更できますか?

オースリークリア2の液晶が英語表記の件について
できません。

オースリークリア2のタイマー設定時、液晶の表示は英語表記になります。とはいえ、難しいことは書かれておりませんので慣れてしまえば何も問題なく使えますのでご安心下さい。

念のため、下記に英語表記の意味をご説明します。

【液晶表示について】
Set On Time→オゾン放出時間の設定
Set Stop Time→待機時間の設定
On Remaining→オゾン放出残り時間
Stop Remaining→待機残り時間
min→分数表示

【ボタンについて】
ON/OFF→電源
Set→設定ボタン
Confirm→確認ボタン

電源を切ったのに、ブォーという音が続いてオースリークリア2の動作が止みません。故障でしょうか?

故障ではありません。

オゾン放出中に停止させた場合、本体内部に残留したオゾンを排出するため約1分間程度、エアポンプ運転(この間、オゾンは生成されません)してから完全停止させるように設計されています。故障ではありませんのでご安心下さい。