オゾン発生器で新型コロナウイルスが死滅すると判明

オゾン発生器で新型コロナウイルスが死滅すると判明

奈良県立医科大学が実際に新型コロナウイルスを用いて実験を行ったところ、オゾンが新型コロナウイルスを不活化するこが判明しました。

(世界初)オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認 奈良県立医科大学

今回はこの出来事について私が思ったことをまとめてみたいと思います。

実験内容はどのようなものであったのか

新型コロナウイルス細胞株を培養し、安全キャビネット内に設置した耐オゾン気密ボックス(アクリル製)内に、ステンレスプレートを設置し、実験対象の新型コロナウイルスを塗布。

→耐オゾン気密ボックス(アクリル製)内に設置したオゾン発生器を稼働させて、耐オゾン気密ボックス内のオゾン濃度を1.0~6.0ppmに制御し維持させる。

→オゾンの曝露量はCT値で設定する。

→曝露後ウイルスを細胞に接種し、ウイルスが細胞に感染しているかを判定しウイルスの量を算出。

その結果、

  1. CT値330(オゾン濃度6ppmで55分曝露)では、1/1,000~1/10,000まで不活化。
  2. CT値60(オゾン濃度1ppmで60分曝露)では、1/10~1/100まで不活化。

となり、オゾンによる新型コロナウイルス不活化が証明されました。
不活化というのはウイルスを感染できない状態にすることで、菌で言えば殺菌に相当します。
ただ、最大で「1/10,000まで不活化」ということですから、菌で言う「滅菌(完全に死滅させること)」に近いものがあります。
いずれにせよ、オゾンが新型コロナウイルスを感染できない状態にすることは証明されたわけです。

この発表を受けて私が思ったこと

奈良県立医科大学のこの発表を受けて、私は2つのことを思いました。

「当然の結果」と「実験の意義」

オゾンに少し詳しい者であれば、オゾンが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することは当然だと考えられていました。
同種のコロナウイルス(SARS-CoV-2やMERS-CoV)をオゾンが不活化するのに、新型だけ不活化しないのは化学の道理にかないません。
特に新型を含めコロナウイルスはエンベロープを持つエンベロープウイルスです。
オゾンは、ウイルスのエンベロープを破壊して死滅させますので、特に今回のようなコロナ種のウイルスには強いわけなんです。

ですから、今回の新型コロナウイルスに対してオゾンが不活化するのは当然だと考えられていましたし、私もそのように思っていました。

しかし、その「当然」を誰がどうみても疑いようのないかたちで「証明」したのが、実際に新型コロナウイルスを用いて行った今回の奈良県立医科大学の実験です。

「化学的に考えても、99.9%不活化する!」

と、いくら言ったところで、

「実際に新型コロナウイルスで試したの?」

という話です。

しかし、それが

「実際に新型コロナウイルスとオゾン発生器を用いて、実験を行ったところ、オゾンが新型コロナウイルスを不活化した」

ということであれば、もはや疑いようのない事実であり、「説明」ではなく「証明」ということになり、つまり「エビデンス」です。
よく、エビデンスがあるかないかという議論をみかけますが、違います。
エビデンスは「あるかないか」ではなく「強いか弱いか」が大事なんです。
そういう意味で考えても、今回の奈良県立医科大学の証明は「強いエビデンス」ということになります。

また、この実験結果の発表後にオゾンに詳しい者(某大学助教授)が「そんなことは当たり前だ」と言いました。(Twitterで見かけました)

もうこれ、コロンブスの卵なんです。
ああだこうだ言うのは誰でもできます。
それを初めにやって、結果を出すことに価値があるんです。

そして、このように「証明」されると、そこからさらに研究が進み、関係機関なども協力しやすくなります。
※ボランティアでもないかぎり、証明されていないことに協力してくれる人や機関はほとんどいません。

ですから、今回の「オゾンで新型コロナウイルスを不活化を証明」という実験の意義はきわめて大きいことだと思います。
これからどんどんオゾンと新型コロナウイルスの研究が進み、近いうち、オゾン水などの実験結果も発表されると思いますので、個人的に非常に楽しみにしています。

オゾン発生器であなたの仕事に付加価値を

私は清掃業をしておりまして、この発表を受けて、すぐにチラシを作ったり、ホームページでPRしました。
「オゾンが新型コロナウイルスを不活化する」「オゾンで室内空間をクリアに」「オゾンで感染予防」と。
で、現場で直接お客さんに尋ねられたり、メールやLINEでお問い合わせがくるわけです。
「えっ、オゾンって新型コロナウイルスに効くの?本当?」と。
で、私は、奈良県立医科大学のこの実験のお話をします。

今のところ、ほぼ100%受注につながっています。

といっても、この発表が5月15日でしたから、まだまだこれからです。
しかし、新型コロナウイルス+オゾンがらみで、すでに7件成約しています。
新型コロナウイルス対策ニーズは、想像以上に大きいようです。
すでに成約している仕事が完了したら、お客様に許可をもらったうえで、「実績」としてPRします。
そうすることで、さらに多くの依頼が舞い込むはずです。(実績って依頼を検討する人にとって最後のひと押しになりますよね)

皆さん、本当に新型コロナウイルスに悩まされていたようで、ものすごく感謝されます。そうすると、私もそれがとても嬉しく、いつも以上に仕事を頑張っちゃいます。

清掃業や宿泊施設業、その他にも接客がメインのサービス業などの皆さん、今のオゾンの付加価値見くびらないほうがいいです。オゾンが集客や受注につながることは間違いありません。しかも、かなり強力なツールになります。

2月頃のことを思い出せば、たしか神奈川かどこかのAmazon倉庫で感染者が出たんですよね。
そのニュースをみて、多くの方が(その倉庫から荷物が届くかもと思い)Amazonで注文するのをやめたそうです。
そのくらいの恐怖があったわけです。
そのウイルスを死滅させることが証明されたオゾンがあなたの仕事の付加価値にならないはずがありません。

業務用オゾン発生器はこれを買っておけばテッパンです

業務用オゾン発生器はこれを買っておけばテッパンです

私のように無人環境で作業をする場合、〜100㎡までならオースリークリア3、100〜150㎡ならオゾンクラスター1400

我が家のリビングで使われるオゾンクルーラー

我が家のリビングで使われるオゾンクルーラー

一般のご家庭やサービス業で使うなら、人やペットがいる環境下で使用できるオゾンクルーラーという製品が人気です。

ちなみに、我が家では仕事で使う業務用オゾン発生器はもとより、家庭用のオゾンクルーラーもあったので、コロナ禍におけるマスクや除菌シート、消毒液などが入手できない状況下でも、さほど怖くなかったです。
もちろん、まったく怖くなかったことはありませんが、オゾン発生器があるのとないのとでは大違いです。

油断していると、「コロナ第二波」がくるかもしれませんし、もし第二波がこなくても、これからは「ウイルスとの共存」という考えがスタンダードになる時代がきます。(コロナウイルスに限らず)
そもそも、ウイルスを完全にシャットダウンするなど無理な話。

仕事、私生活において、ウイルスと共存することを念頭に日頃から対策することがもっとも賢い選択だと思いますし、同時にそれが従業員や家族を守ることにつながるのではないでしょうか。
いずれにしても、これを機会に是非オゾンをあなたのお仕事や私生活にお役立ていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA