落とし穴に落ちないための業務用オゾン発生器の選び方

落とし穴に落ちないための業務用オゾン発生器の選び方
業務用オゾン発生器を選ぶとき、たくさんの落とし穴があります。

当時の私がそうであったように、業務用オゾン発生器の選び方、選ぶ際のポイント、あるいは注意点などをよく分かっていない方も少なくないはずです。

何故私がそう思うのかというと、5つのポイントがあります。

  1. 競合製品をフェアに紹介したサイトが皆無
  2. 紹介している人が実際に業務用オゾン発生器を使っていない
  3. 口コミや評判はメーカー公表の情報ばかり
  4. そもそも何を基準に選べば良いか分かっていない
  5. 実際に私が業務用オゾン発生器の購入で失敗経験あり(価格だけで判断して購入)

選ぶ基準もなく、オゾン発生器のことをよく理解していないうえに、偏った情報だけを見れば、誰でも失敗すると思います。

今の時代、何を調べるにしても、ネットでは膨大な量の検索結果が表示されます。いつの間にやらその情報を自分にとって都合の良い解釈をし、先入観も手伝ってどんどんおかしな方向に進みます。結果、誤った選択をさせられます。(特に広告などではメリットしか紹介しませんし…)

100円、200円の買い物ならまだしも、業務用オゾン発生器はそのほとんどが法人で買うことになるでしょうし、安くない買い物です。絶対に失敗したくありませんよね。。

当サイトでは、私がおすすめする業務用オゾン発生器であったとしても、メリットだけではなく、デメリットもこまかくご紹介しております。

当サイトに書かれていることを知れば、あなたが業務用オゾン発生器選びで「失敗した!」と、落とし穴に落ちることもないはずです。

業務用オゾン発生器を選んだり、知るうえで真に役立つ情報が少ない中、自身の経験も踏まえ、できる限り「詳しく」「分かりやすく」を心がけ情報をまとめました。是非、これを参考にして「落とし穴」を回避していただければと思います。

【お急ぎの方へ】業務用オゾン発生器はこれを買っておけばテッパンです

業務用オゾン発生器はこれを買っておけばテッパンです
時間が許すなら、是非当サイトに書かれている記事をお読みいただき、オゾンやオゾン発生器に関する理解を深めていただいたり、何故私がそのオゾン発生器をおすすめしているのかという理由や根拠を知ってもらえたら嬉しいです。

しかし、中にはお急ぎの方もいるかと思います。お急ぎの方は適応範囲に応じて下記ページをご覧下さい。(テッパンの理由を徹底的にまとめました)

最大適応範囲〜40㎡のおすすめ業務用オゾン発生器はこれがテッパン!
最大適応範囲〜100㎡のおすすめ業務用オゾン発生器はこれがテッパン!

テッパンだけど、デメリットになり得ることは確認しよう
適応範囲別のおすすめオゾン発生器の情報を上記にまとめています。上記の適応範囲別のおすすめ製品記事内では、人によってはデメリットになり得る点についても詳しく書いています。両機種のデメリットになり得る点については、多くの方が問題に感じないと思いますが、念のため、ご確認いただいてから購入されることをおすすめします。

もう少し時間がある方は、両機種を比較したこちらの記事も是非参考にして下さい。
【徹底比較】オゾンクラスター1400とオースリークリア2を比較してみた